• トップ
  • 空き家片付け|実例紹介

空き家は早めに整理してなんらかの対策を!

空き家対策法とは?

空家等対策の推進に関する特別措置法(空き家対策法)」が2015年に全面施行されました。
(この時期から空き家に関する相談や片付け依頼が増加)

そもそも空き家対策法って何なのか?
空き家を放置すると所有者責任を問われることもある。防犯、景観、衛生などの観点から、危険や害があると判断されると「特定空き家」に認定され、固定資産税の軽減措置は見直されることになり、増税される。また。立ち入り調査や修繕、撤去命令のほか、最終的には行政代執行で建物を解体され、その費用は所有者に請求されることになる。

つまり国はいつまでも空き家のまま置いておくと危ないし物騒だしなんとかしてね、という法律なんです。

そもそもどうして空き家が増えているんでしょうか?直接の原因はいろいろあるでしょうが少子高齢化と核家族化では、と考えます。
昔のように『家』を継ぐという考えはあまりなく、子ども世代もそれぞれの暮らしがあるということではと思います。

・親が住んでいた家を取り壊すのは忍びない。
・現在の住まいから遠く離れた田舎の実家など放置してしまっている。
・できれば貸家や売却したいが、全く売れない、借り手が見つからない。
 

とは言うものの『家を壊したり売ったりするのは忍びない』という感情が対策を遅らせてることは容易に想像できます、この感情はやはり日本人独特の感性です。

ですが空き家を保有し続ける経済的負担は大きく、あまり長期間ずるずる延ばしてるとやがて次の世代に負の遺産を残してしまうことにもなりかねません、ですからできるだけ早期になんらかの対策をすべきではないでしょうか?
 

相続した実家、こんな状況なら早急に対策を

・特定空き家に指定されてしまうような問題のある状態で放置されていませんか?
・今は大丈夫でも、この先そうならないような定期的なメンテナンスはできていますか?
・例えば庭の草が伸び放題になっているなど、近隣住民の方に迷惑をかけるような状況になっていませんか?


もし少しでも思い当たることがあるならお気軽にご相談ください。
 
空き家,相談
 

空き家整理は空き家対策の第一歩

土浦市でアパート1棟の整理|お片付けから売却まで

土浦市の築年数の古いアパートの売却を検討されてるオーナーさんからの相談でした。
すでに入居者はなく解体して更地にし新たに建て直すか売却するか検討してるということでした。
いずれにしても残置物のある部屋もあり、それらの撤去が必要ということで残置物のある部屋3部屋と外回りのお片付けを行った。

空き家対策 空き家,片付け

お片付け完了後、まごのてと提携する不動産会社に相談したところ、都市部での物件が高額すぎて手が出せない投資家に売却できるかも?ということで仲介依頼をしたところ10日程度で4件買付が入ったということでした。

数年前から始まった不動産投資ブームですがこの時期は地方の築古木造でも融資が付いたこともあり意外と売買が成立したようです。

おそらく今(平成30年10月)だったらまったく売れなかった ことでしょう。

家財撤去費用:325,000円

千葉県松戸市の戸建空き家|荒れ果てる前に片付ける

相続したお宅のお片付けでした、相続人である息子さんは近くに住んでいるがすでに自分の家を所有しており、しかも築年数も古いことから住めるようにするにはそれなりの出費を覚悟しなければいけないことからとりあえず中を空にして今後のことは考えるということでした。
 
空き家,整理

遺品整理は身内で2年前に済ませたということだったので中にある物は基本的に廃棄、ですが長年住んでいた家は経験上必ず何か出ます。
空き家片付けは遺品整理の再チェックでもあります。

依頼者いわく育った家だから壊したり売ったりはしたくないけど、自分たちも歳を取っていき管理ができなくなって荒れてしまう前になんとかしたいと仰ってました。

家財撤去費用:570,000円
 

ゴミ屋敷化していた元実家|空き家状態3年

東京23区内でも空き家は珍しくない、このお宅も世田谷区にある戸建ての空き家でした。
3年前に相続したが家が古いことと室内がゴミ屋敷化していたため片付ける気も起きなかったということでした。
ですがこの度隣地から売ってほしいという話がまとまり中の物を片付ける運びとなりました。

実家,片付け 実家,相続

23区近辺であればこのように隣地や近所から売ってほしいという申し出があります、ただし敷延べ地や接道義務を果たしてない土地はなかなか買い手が付かないようです。

今後かなり好立地でも売買や賃貸が成立しなくなることが予測されています、感情が先立ち思い切った行動ができないことも多いと思いますが、資産価値のあるうちに片付けて売却という方法は一考ではないでしょうか?

家財撤去費用:960,000円
 

川崎市の空き家|近所から苦情が出たため仕方なく整理

この場合も相続したけどどうすることもできず長期間放置、普段の生活では自分が家を所有していたことすら忘れてたらしいです。
そんな元実家、とうとう近所から苦情が入ってしまいました。
草木が茂り、それが道にまではみ出してる、虫が湧く、木に鳥が大量に寄ってくるといったものでした。

仕方なく中の家財を撤去し解体して更地にするという決断を渋々したのでした。
 
実家,荒れる 空き家,不法投棄

大きな家だったのでやはり中の物は多いです、普通のお片付けと違い空き家片付けの場合は基本的に全撤去となりますので収納スペースや物置の中、押入れや家具の中など一切合切が対象となりますので見た目より1.5倍程度多くなることが多いです。

家財撤去費用:1,170,000円
解体業者はまごのて提携業者をご紹介

事故物件やゴミ屋敷を片付けずにそのまま売る

お片付けの費用はそれなりにかかります、それゆえにお片付け費用が捻出できないために放置してしまってる空き家も多いと聞きます。

そのまま売ることはできないか模索した方もいると思いますが、ほとんどの不動産会社はお片付け完了後に売却の段取りとなるのが通例です。


事故物件(孤独死などがあった家)やゴミ屋敷化したお宅をそのまま買い取れる不動産会社をご紹介します。
 

そのまま売却するメリット>

・即現金化できる、最短10日~1ヵ月弱
・お片付けをする必要がない

<片付けずに売るデメリット>

・貴重品などがもしあっても戻らない可能性がある
・地域など制限がかかることが多い
・市場流通価格よりかなり下がる可能性がある

巷にある中古不動産のほとんどは誰が売ってるでしょうか?多くの人が不動産会社が売っていると思ってますが実はそうではありません。
市場に出てる物件のほとんどが現状の持ち主が売りに出してます、不動産会社はそれを仲介してるだけです。

だから片付けをし中を空にしてから売却の手はずとなるのです、この場合すぐに買い手がつけばいいですがそれなりに時間がかかってしまいます。

まごのてがご紹介する不動産会社は現状のまま現金で買取ります、ですがメリットばかりではなく上記のようにデメリットもあります。
貴重品や思い出の物を自分たちで探しつくし、もう大丈夫!という状況であれば一考してみる価値はあるのではないでしょうか?
 
事故物件,売却 ゴミ屋敷,買取り

メニュー

会社概要

空き家・実家の片付け、整理専門
◇株式会社まごのて
東京都江戸川区北葛西3-5-6
03-4405-5420

対応エリア

<東京都>
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区
大田区・葛飾区・ 北区・江東区
品川区・渋谷区・新宿区・杉並区
墨田区・世田谷区・台東区・中央区
千代田区・豊島区・中野区・練馬区
文京区・港区・目黒区・都内全域(離島除く)

<千葉県>
浦安市・市川市・松戸市・柏市・千葉県全域

<神奈川県>
川崎市・横浜市・相模原市・神奈川県全域

<埼玉県>
さいたま市・所沢市・川越市・川口市・埼玉県全域

<その他>
茨城県・栃木県・群馬県の一部地域

 
お問い合わせ

PAGE TOP